Rakten Rakuma
「ラクマでちょっとプラスな暮らし」を叶えるマガジン
Powered by Rakuten Rakuma

クロスバイクのおすすめメーカーと人気商品18選!初心者向けの選び方まで徹底解説

「クロスバイクの選び方や特徴が知りたい」
「メーカーがいっぱいあるけれど、どこがおすすめ?」

初めてのクロスバイクを選ぶ際に、上のように迷う方も多いでしょう。

そこでこの記事では、クロスバイクの魅力や定番メーカーのおすすめ商品をご紹介します。

また、初心者の方でも安心して選べるポイントを解説しますので、「クロスバイクを納得して購入したい」という方もぜひ参考にしてくださいね。

クロスバイクとは?

クロスバイクとは、さまざまな用途に使用できるスポーツ自転車の一種です。
ロードバイクの速さとマウンテンバイクの頑丈さを兼ね備え、サイクリングから通勤、街乗りまで幅広く活用できます。

ここからは、「クロスバイクの特徴」と「ロードバイク・マウンテンバイクとの違い」を解説します。

クロスバイクの特徴

クロスバイクは、名前のとおり異なる自転車の特徴を「クロス」させた自転車です。
日常の街乗りはもちろん、荷物を積んでの旅行など、さまざまなシチュエーションで活躍する汎用性の高さが、クロスバイクの大きな魅力です。

クロスバイクのフレームは、「ロードバイクのように軽量で空気抵抗を減らす形状をしている」ため、速く走れます。
また、マウンテンバイクに見られる太めのタイヤや、衝撃吸収性に優れたサスペンションを採用しているため、凸凹がある道でも比較的安定した走行が可能です。

ロードバイク・マウンテンバイクとの違い

クロスバイクとロードバイクの違いは、以下のような「速さを追い求めた設計」にあります

  • ロードバイク:空気抵抗を減らすため、前傾姿勢を取りやすい「ドロップハンドル」や細いタイヤが装備されている
  • クロスバイク:上体を起こしやすい「フラットバーハンドル」や、ロードバイクよりも太いタイヤが装備されている

また、クロスバイクとマウンテンバイク(MTB)は「走る環境」に違いがあります。
MTBは、山道やダートコースでの走行を想定して設計されているため、幅広のハンドルや太いタイヤが採用されています。

いっぽうで、クロスバイクはMTBのようなオフロード性能は備えていませんが、街中や舗装された道でも快適に走れるでしょう。

【初心者必見】クロスバイクの選び方のポイント

ここからはクロスバイクの選び方のポイントを、以下の5つの項目に分けて解説します。

  • サイズ・重量
  • タイヤ幅
  • ギアの変速段階
  • 用途
  • 値段

選び方が理解できるように詳しくチェックしていきましょう。

サイズ・重量

クロスバイクを選ぶ際には、まず「自転車本体のサイズ」を確認しましょう。
同じホイールサイズのクロスバイクであっても、車種によって適応身長は異なるためです。

自分に合うサイズを見つけるには、実際に乗ってみると自分に合っているのかがわかります。
試乗が難しい場合は、適応身長をもとにして選びましょう。

また、クロスバイクを選ぶポイントとして「車体の重さ」も重要です。
車体が軽量であるほど漕ぎ心地が軽く、日常の移動がよりスムーズになるからです。
一般的には「13kg以下」の車体を目安にすると、軽量で快適なクロスバイクを見つけられます。

自分の体格に合わせて、サイズと重量を考慮したクロスバイクを選びましょう。

タイヤ幅

タイヤの幅は、クロスバイクの走り心地に大きな影響を与えます。
細いタイヤは、地面と接する面積と摩擦抵抗が小さくなり、スピードを出しやすくなります。
一方で、タイヤが太い場合は接地面積が広がり、安定した走りが期待できるでしょう。

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクでは、タイヤのサイズ表記に「700×32c」といった規格が用いられます。
「〇c」の部分がタイヤの幅を示し、28cのタイヤは比較的細めで、32c以上のタイヤは太めです。

初めてクロスバイクを購入する方は、太めのタイヤがおすすめです。
太めのタイヤは、慣れないスポーツバイクの操作でも安定した走行が期待できます。

ギアの変速段階

ギアの変速段階も、クロスバイクを選ぶ際に重要なポイントです。
一般的に、スポーツバイク仕様の目安としては、「21段以上のギア」が推奨されています。
段数が多いほど、勾配(水平面に対する傾きの度合い)や自分の体力などに応じて、ギアを調節しやすいからです。

ただし、価格帯が8万円を超えるクロスバイクの場合、軽量で効率的なフレーム設計や高品質な部品を採用しているため、段数が少なくてもスピードが出やすい傾向にあります。
予算と走行環境を考慮しつつ、自分にとって最適なギアの変速段階を選びましょう。

用途

クロスバイクは、用途に合わせて選びましょう。

クロスバイクを通勤や通学などで日常使いする場合、太めのタイヤがおすすめです。
太いタイヤは地面からの衝撃を吸収し、パンクしにくいからです。
また、スタンドが付いていれば自転車をどこにでも停めやすく、ディレイラーガードがあれば、変速機の破損を防げます。

いっぽうで、クロスバイクをフィットネス用途で使う場合は、軽さを重視しましょう。
軽量なフレームや細いタイヤを採用し、付属品が省かれているバイクがおすすめです。

値段

クロスバイクを選ぶ際に、「できるだけ安くクロスバイクを買いたい」と考えているかもしれません。
いっぽうで、あまりにも安価なクロスバイクは、一般的な自転車と変わらない傾向にあるため、安全面で不安が残ります。

安心してクロスバイクを購入するには、「6万円以上」を目安に購入しましょう。
6万円程度の予算であれば、一定の品質を持つ製品を選べるうえに、人気メーカーのクロスバイクも選択肢に入ります。

楽天ラクマを利用すると、6万円以上のクロスバイクを定価よりも安く購入できます。また、楽天ポイントを使って購入することが可能です。

クロスバイクのおすすめメーカーと人気商品19選!

クロスバイクの選び方には、デザインや価格だけでなく、性能やブランドの信頼性も重要なポイントです。

そこで、以下の「初心者から上級者まで幅広く愛されているおすすめのメーカー」と、「特に人気のある商品」を19ご紹介します。

  • Bianchi(ビアンキ)
  • Giant(ジャイアント)
  • BRIDGESTONE(ブリヂストン)
  • GIOS(ジオス)
  • TREK(トレック)
  • SPECIALIZED(スペシャライズド)
  • Cannondale(キャノンデール)
  • LOUIS GARNEAU(ルイガノ)
  • FELT(フェルト)
  • FUJI(フジ)
  • SHIMANO(シマノ)
  • JAMIS(ジェイミス)
  • KhodaaBloom (コーダーブルーム)
  • COLNAGO(コルナゴ)
  • MERIDA(メリダ)
  • tokyobike(トーキョーバイク)
  • CANYON(キャニオン)
  • MARIN(マリン)
  • YAMAHA(ヤマハ)

Bianchi(ビアンキ)

ビアンキは1885年にイタリアで創業され、現存する自転車ブランドのなかでも最古の部類です。
ビアンキの製品ラインナップは幅広く、ロードバイクやMTB、クロスバイクなど、多種多様な自転車を展開しています。

ビアンキの象徴といえるのが、ブランドカラーの「チェレステ」です。
チェレステはイタリア語で「青い空」を意味し、清潔感と爽やかさを表現しています。

ROMA4

「ROMA4」はライダーの力をしっかり受け止め、快適な走りを楽しめるように設計されています。
特に剛性が高く変形しにくい構造のダウンチューブは、ライダーのペダリングを素早く推進力に変換しているため、力強い加速とスポーティな走りを実現してくれます。

Giant(ジャイアント)

ジャイアントは、1972年に台湾で誕生した自転車メーカーです。
自転車生産量で世界をリードし続けており、自転車業界における「巨人」としての地位を築いています。

ジャイアントの製品ラインナップは、初心者向けのエントリーモデルから、プロが使用するハイエンドモデルまで、あらゆるニーズに応える自転車を提供しています。

ESCAPE R3

「ESCAPE R3」は、握りやすいハンドグリップと、少し太めのタイヤ幅を採用しているため、より快適で安定した乗り心地を味わえます。
別売りのフェンダー(泥除け)やキックスタンドなどアイテムを取り付けられるため、通勤・通学にも適しています。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)

ブリヂストンは、日本の大手タイヤメーカーとして知られていますが、実は自転車メーカーとしても高い知名度を誇っています。
ブリヂストンのクロスバイクは軽量なアルミフレームを採用しており、乗り手の負担を軽減した快適な走行を実現しています。

ブリヂストンは商品の数も豊富なため、自分の好みに合ったクロスバイクを選びやすいでしょう。

RL1

「RL1」はスポーツバイクの世界に足を踏み入れたい初心者の方や、気軽に自転車を楽しみたい方にぴったりの1台です。
「天候に左右されにくいディスクブレーキ」や、「32mm幅の3耐パンクガード入りタイヤ」を採用しているため、安心して走行できるでしょう。

GIOS(ジオス)

シンプルかつおしゃれなクロスバイクをお求めの方には、イタリアブランドの「ジオス」がおすすめです。
細身のフレームがスタイリッシュで、特に青色のフレームは「ジオスブルー」として親しまれています。

ジオスのクロスバイクは、都市部の街乗りからアウトドアでの冒険まで、幅広いシーンで活躍できるでしょう。

CANTARE

「CANTARE」は、初めてのロードサイクリングに最適な自転車です。
ロードバイクのハンドルをフラットバーハンドルに換えた仕様のため、乗り心地やスピード感は、ロードバイクとあまり変わらないでしょう。
カラーバリエーションも豊富で、自分のスタイルに合わせて選べます。

TREK(トレック)

トレックは、1976年にアメリカのウォータールーにて創業された自転車メーカーです。
トレックのクロスバイクは、フレームの設計にこだわり、高い走行性能を実現しています。
また、耐久性にも優れているので、長期にわたって愛用できるでしょう。

トレックのクロスバイクは、実用性と軽快な走り心地を兼ね備えているため、通勤やレジャーライド、アウトドアにも最適です。

FX3

「FX3」は、性能と快適さ、利便性を追求した万能なクロスバイクです。
軽量なアルミフレームとカーボンフォークを採用しており、スムーズな走行を実現します。さらに、悪天候でも確実に停まれるパワフルなディスクブレーキを採用しているため、雨の日や悪路でも安心して走行できるでしょう。

SPECIALIZED(スペシャライズド)

スペシャライズドは、性能や耐久性を重視する人にとっては、特におすすめのメーカーです。世界レベルのレースで数多くの勝利を収めた技術力は、クロスバイクにも反映されており、品質の高さが際立っています。

「快適な乗り心地」と「高い操縦性」を兼ね備えたクロスバイクは、都市部の道路や自然環境の変化にも対応でき、長距離の走行や日常の通勤にもおすすめです。

Sirrus Elite

Sirrus Eliteは、「ロードバイクのパフォーマンス」と「街乗りの利便性」を両立させたクロスバイクです。
フロントフォーク(前輪を両側から支える部分)にカーボンを採用したり、シマノ製の9段変速ギアを搭載したりして、より軽くスムーズなライディングを実現しています。

Cannondale(キャノンデール)

キャノンデールは、デザイン性の高い自転車メーカーとして知られています。
グラデーションカラーを採用したモデルや、光の当たり方で色合いが変わるユニークなデザインをリリースしており、個性的でおしゃれなバイクを探している方におすすめです。

さらに、キャノンデールのクロスバイクは耐久性にも優れているため、一度購入すれば長く使い続けられる傾向にあります。

Quick4

「Quick4」はスピーディーなクロスバイクで、フィットネスや気分転換に最適です。
また、軽量で操作性にも優れており、市街地でも快適な乗り心地が味わえます。
さらに、Quick4には油圧ディスクブレーキが搭載されているため、少ない力で確実に停止できます。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)

ルイガノは、カナダのケベックに本社を置く自転車メーカーです。
もともとサイクルウェアから事業を始めたため、ファッション性が高く、おしゃれなクロスバイクを取り扱っています。

また、ルイガノは安全性にも重点を置いており、ルイガノのクロスバイクには厳しい安全検査をクリアした証である「BAAマーク」が多くのモデルに貼付されています。

CHASSE

CHASSEは、軽快な走りと安定感のあるハンドリングと、快適性を兼ね備えたクロスバイクです。
フレームには軽量なアルミ素材を使用しているため、素早い走行が可能です。

さらに、CHASSEは少し太めのタイヤを採用しており、路面抵抗を抑え、段差などを気にせず走行できます。

FELT(フェルト)

フェルトは、創設者のジム・フェルト氏がドイツ人とともに立ち上げ、アメリカに拠点を置く自転車メーカーです。
ロードバイク譲りの軽快な走りは、多くのサイクリストたちにとってもファンが多いです。

フェルトのクロスバイクは初心者でも安心して扱えるように、上体を起こした姿勢や、やわらかいサドルなどを採用し、快適性にも配慮しています。

Verza Speed 50

「Verza Speed 50」は、スピードと快適性を求める方に、おすすめのクロスバイクです。
フェルトならではの走行性能はそのままに、フラットハンドルを採用し、振動吸収性を高めています。
低重心で足つきも良く、低速での安定性も高いため、多くのサイクリストたちに愛されているクロスバイクです。

FUJI(フジ)

フジは1899年に日本で創業し、現在はアメリカに拠点を置く自転車メーカーです。
フジのクロスバイクは、おしゃれな雰囲気とスタイリッシュなデザインが魅力です。

そして、ディスクブレーキやクロモリ(クロムモリブデン鋼)フレームを採用しており、安全性と耐久性を兼ね備えています。

RAIZ DISC

「RAIZ DISC」は、マットな質感とブラックの色味が魅力であり、機能性と遊び心を両立させたクロスバイクです。
ディスクブレーキを採用しているため、急な坂道や曲がり角でも高い制御性を発揮しているため、活発的なアクティビティを楽しめます。

SHIMANO(シマノ)

シマノは、クロスバイクの変速ギアやペダルなど、自転車パーツの分野で世界的に有名なメーカーで、クロスバイク本体もリリースしています。

シマノのクロスバイクは、初心者の方でも乗りやすい設計と手を伸ばしやすい価格が魅力です。
操作性や乗り心地にも配慮されており、お出かけや通勤・通学に適しています。

NEXTYLE

「NEXTYLE」は、シマノ製の21段変速を採用しているため、さまざまな道路状況に対応した走りが可能です。
全部で6種類のカラーバリエーションがあり、それぞれのカラーにマッチしたタイヤやグリップが採用されています。

JAMIS(ジェイミス)

ジェイミスは、1979年にアメリカのフロリダ州で創設された老舗の自転車メーカーです。
ジェイミスのクロスバイクは、クロモリを使った頑丈なモデルが多く、日常使いからグラベルライド(未舗装の道での走行)まで、幅広い用途に対応しています。

また、ジェイミスは乗り手のニーズに応えるために、常に最新の技術やデザインを取り入れているため、多くのサイクリストから支持されています。

CODA NEO2

「CODA NEO2」は、ジェイミスのクロスバイクシリーズ「Coda」の日本限定モデルです。
Codaならではの「スタイリッシュなクロモリフレーム」と「幅広のハンドル」、「より太い40Cの極太タイヤ」を装備し、安定性を高めています。

KhodaaBloom (コーダーブルーム)

コーダーブルームは、「日本人の体格に合わせたフレーム設計」や「サイズ展開」、「日本の道路環境を考慮したスポーツバイクの開発」に取り組んでいます。

コーダーブルームのクロスバイクは、独自に開発した技術を用いてフレームの軽量化に成功しています。
軽量なフレームは、加速や登り坂でのパワー伝達を効率的に行えるため、快適な乗り心地を体験できるでしょう。

RAIL LIMITED

「RAIL LIMITED」は、コーダーブルーム製クロスバイクの最上位モデルで、完成車重量7.8kgと、ロードバイクに匹敵する軽さを実現しています。
RAIL LIMITEDは厳選されたカーボンパーツを使用しており、驚異的な軽さを実現しながらも、しっかりとした剛性を保っています。

COLNAGO(コルナゴ)

コルナゴは、1954年にイタリアで生まれたロードバイクブランドです。
コルナゴのクロスバイクには、鮮やかなカラーや職人が描くペイントが施されているため、個性的なモデルを探している方にぴったりです。

また「ストレートフォーク」を使用しているため、
バイクの操作性を向上させ、スピード感を高めてくれます。

PORTA

イタリア語で「扉」を意味する「PORTA」は、乗る人を爽快なサイクリングの世界へと誘います。
軽量アルミフレームを採用しているため、スムーズな操作が可能です。
そして油圧ディスクブレーキと幅32Cのタイヤが装備されており、安定性の高い走行ができます。

MERIDA(メリダ)

メリダは、台湾で生まれた「世界有数のスポーツバイクメーカー」として有名です。
品質と技術力の高さから、欧米メーカーの受注生産も行っています。

メリダはスポーツバイクの生産から出荷までをすべて自社で行っており、徹底した品質管理のもとで製品を作りあげています。
コストパフォーマンスの高さにも定評があり、通勤やレジャーまで、幅広いシーンで活躍できるでしょう。

CROSSWAY150

「CROSSWAY 150」は、自転車販売店「サイクルベースあさひ」が、メリダとコラボレーションして生みだした、限定モデルのクロスバイクです。
すっきりしたデザインのフレームには、ロードバイク用の部品が採用されており、軽快な走りを実現しています。

tokyobike(トーキョーバイク)

トーキョーバイクは、「東京」という名前のとおり、都会で走りやすい機能と性能を持った自転車のメーカーです。
2002年に誕生し、快適な乗り心地と高い走行性能で人気を集めています。

都会の道路は舗装されているものの、細かな振動が伝わることもあるでしょう。
しかし、トーキョーバイクのクロモリフレームは、振動を効果的に吸収するため、快適な走行ができます。

TOKYOBIKE SPORT 9s

「TOKYOBIKE SPORT 9s」は、スムーズな加速性とスポーティな走りを追求したクロスバイクです。
「一般的なスポーツバイクより少し小さな650Cのタイヤ」と、「ブラックパーツ」の組み合わせにより、快適な走りと洗練されたデザインを実現しています。

CANYON(キャニオン)

ドイツに本拠地を構えるスポーツバイクメーカー「キャニオン」は、高性能なフレームと先進的な設計で、世界中から高い評価を受けています。

キャニオンのスポーツバイクは、代理店を通さない直接販売をしています。
この独自の販売方法により、キャニオンのスポーツバイクは他のブランドに比べて価格がリーズナブルとなっています。

楽天ラクマなどの二次流通市場でも購入が可能です。

Roadlite CF 8

「Roadlite CF 8」は、軽量でスピードがあるカーボンバイクです。
幅広のハンドルバーで進行方向を自在にコントロールでき、操作しやすい変速システムを駆使してスピーディに走れます。

また、水色とシルバーのグラデーションのカラーが、サイクリングの楽しさをさらに引き立ててくれるでしょう。

MARIN(マリン)

MARIN(マリン)は、1986年にアメリカで設立されたロードバイクメーカーです。
軽量でデザイン性に優れ、長く乗れるクロスバイクの生産を行っています。

MARIN(マリン)のクロスバイクの魅力は、豊富なカラーバリエーションです。
流行に合わせた新しいカラーを毎年展開しているため、乗り手は自分の好みやスタイルに合ったクロスバイクを選べるでしょう。

CORTE MADERA DISC AF SE

CORTE MADERA DISC AF SEは、「制御性の高い油圧ブレーキ」や、「軽量で乗りやすいフレーム設計」を採用した、日本限定モデルです。
長時間の乗車でも疲れにくく、交通量の多い都市部の道路でも安心して走れます。
通勤・通学や週末のツーリングまで、さまざまなシーンで活躍できるでしょう。

YAMAHA(ヤマハ)

ヤマハは、日本における電動アシスト付きクロスバイクのパイオニア的メーカーです。
長年にわたり蓄積された独自のノウハウや、オートバイに強いヤマハの特徴が、電動アシスト装備のクロスバイクにも生かされています。

特に注目すべきは、2020年モデルから導入された「スマートパワーアシスト」です。
スマートパワーアシストは、アシスト力を道の傾斜に合わせて、自動でコントロールできます。

PAS Brace

「PAS Brace」は、充実した装備と高性能なパーツが特徴の、電動アシスト付きクロスバイクです。
大容量バッテリーを搭載しているため、標準モードで71kmほど走れます。
PAS Braceは、長距離サイクリングをスポーティにこなしたい方におすすめです。

【楽天ラクマ】クロスバイクメーカーの売れ筋ランキング

ここからは、楽天ラクマで人気のクロスバイクメーカーを紹介します。
楽天ラクマが独自に調べた「クロスバイクメーカーの売れ筋ランキングトップ10」は、以下のとおりです。

ランキングクロスバイクメーカー
1Bianchi
2Giant
3SHIMANO
4BRIDGESTONE
5GIOS
6LOUIS GARNEAU
7Specialized
8TREK
9FUJI BIKES
10ヤマハ

クロスバイクを安く手に入れるなら「楽天ラクマ」

クロスバイクは、ロードバイクの速さとマウンテンバイクの安定性を兼ね備えた、非常に汎用性の高いスポーツバイクです。
ただし、性能や重量によっては価格が高騰し、なかには7万円を超えるものも。

楽天ラクマで購入する際は、楽天ポイントが利用できます。クロスバイクをお探しの方は、ぜひ楽天ラクマでお得に、安全にお買い物をお楽しみください。

関連記事

よく見られている記事

ラクマplusでよく見られている記事TOP3はこちら

アプリで暮らしを
ちょっとプラスに
累計4,000万DL突破!
トップへ