マンドリン

マンドリン / 楽器

5件中 1 - 5件

☆マンドリ鈴木M-30

☆2枚目の写真の通り傷あります。 ☆3枚目の写真の通り日焼けあります。 ☆定価78800円です。 ☆自宅保管でしたので、神経質な方、完璧を求める方は、ご購入ご遠慮下さい。 ☆ノークレーム、ノーリターンでお願い致します。

19,000

この楽器知ってる??この子の名前はマンドリン♩

私も初めて見た楽器です(・Д・) 状態は細かい傷はありますが、とても綺麗です。 弦もしっかりしていたので、演奏も可能です。 ピック、ハードケースが付属します。 こちらのマンドリン、ちょっと調べた所、 形状は同じで、ピックガードや、ボディのお尻のガードのデザインが微妙に違う商品がいっぱいあるみたいです。 マニアの方は、全てのデザインを集めてたりするんじゃないかと想像したら、結構ワクワクしました^_^ ------- ヤマト便着払いなら、約1600円でお届けします。 23区・埼玉南部でしたら、当方と提携するスタッフさんがお届けする為、1000円でお届けします。 埼玉県蕨市まで取りに来られる方は、当然ながら送料無料です! よろしくお願いします。^_^ ☆TOMY's リサイクル★

15,000

専用

よろしくお願いします(*´∀`*)

3,100

★値下げご相談応じます★落合マンドリン(1971年謹作)

大学でマンドリンオーケストラサークルに入っている方! 高校でマンドリンオーケストラの部活に入っている方! 落合マンドリンが欲しい方! 僕は大学4年間ずっとマンドリンを弾いていました。 手前みそですが、マンドリンの目利きには自信があります。 こちらでは1971年謹作の落合マンドリンをお売りします。 【購入時期】 8年前 【定価】 150,000円 【ブランド】 落合忠男 【オススメポイント】 マンドリンには色々なメーカーがありますが、多く流通しているのはSUZUKIです。 その他に渡辺、大野、野口、石川…etcがありますが、マンドリンの二大ブランドと言われているのが落合とカラーチェです。 SUZUKIは初心者向けに作られており、音色にも限界があります。 しかし、落合は手工品で、音色の良さが格段に違います。 これは断言しますが、新品のSUZUKIマンドリンを何万も出して購入するのであれば、中古の落合もしくはカラーチェマンドリンを購入した方が断然よいです。 中古であるが故に、大抵は弾きこなされているため、音色も響くようになっています。 購入してみたら音色を比べてみてください。違いが分かると思います。 【注意点】 ①ハードケースは付いていますが、年代物のため、錆びや傷があります。 ②ピックやクロス(楽器を拭く布)は付いていません。 【補足事項】 本体に多少傷があり、弦高が高めになっています。お受け取りいただいたら、まずお近くのお店で弦高の調整をおススメします。 マンドリンはブリッジが固定されておらず、自由自在に動かすことができます。 音色の良さは判別できるのですが、ブリッジの位置や弦高の調整までは手が及びません。 こちらはお店でやってもらうのが無難です。高くても5,000円ほどで済みます。 お店では 「ブリッジを新しくすればもっと音色が良くなりますよ」 とふっかけられる可能性が高いです(>_<) そこでははっきりと「弦高調整だけで結構です」と伝えてください。 ブリッジを新しくしなくても十分に良い音色が出ます。 もちろん、ご自身で新しくしたいのであれば、替えても全然結構です(^^) コメントをいただければ何でもお答えします☆ よろしくお願いします♪

50,000

★値下げ応相談★カラーチェマンドリン(1962年ヴィンテージ)

大学でマンドリンオーケストラサークルに入っている方! 高校でマンドリンオーケストラの部活に入っている方! カラーチェマンドリンが欲しい方! 僕は大学4年間ずっとマンドリンを弾いていました。 手前みそですが、マンドリンの目利きには自信があります。 収集していたマンドリンの一つ、カラーチェマンドリン(1962年作ヴィンテージ)をお売りします。 【購入時期】 8年前 【定価】 250,000円 【ブランド】 カラーチェ 【オススメポイント】 マンドリンには色々なメーカーがありますが、多く流通しているのはSUZUKIです。 その他に渡辺、大野、野口、石川がありますが、マンドリンの二大ブランドと言われているのが落合とカラーチェです。 SUZUKIは初心者向けに作られており、音色にも限界があります。 しかし、カラーチェは手工品で、音色の良さが格段に違います。 特にG線とD線の鳴り、持続時間が半端じゃないです。A線、E線も良く鳴ります。 これは断言しますが、新品のSUZUKIマンドリンを何万も出して購入するのであれば、中古の落合もしくはカラーチェマンドリンを購入した方が断然よいです。 購入してみたら音色を比べてみてください。違いが分かると思います。 【注意点】 ①ハードケースは付いていますが、年代物のため、錆びや傷があります。 ②ピックやクロス(楽器を拭く布)は付いていません。 【補足事項】 本体に多少傷があり、弦高が高めになっています。お受け取りいただいたら、まずお近くのお店で弦高の調整をおススメします。 マンドリンはブリッジが固定されておらず、自由自在に動かすことができます。 音色の良さは判別できるのですが、ブリッジの位置や弦高の調整までは手が及びません。 こちらはお店でやってもらうのが無難です。高くても5,000円ほどで済みます。 お店では 「ブリッジを新しくすればもっと音色が良くなりますよ」 とふっかけられる可能性が高いです(>_<) そこでははっきりと「弦高調整だけで結構です」と伝えてください。 ブリッジを新しくしなくても十分に良い音色が出ます。 もちろん新しくしたいのであれば、替えても全然結構です(^^) コメントをいただければ何でもお答えしますよ★☆★

100,000

1 / 1 ページ